• 【数秘術・アロマテラピー】東京 世田谷 祖師ヶ谷大蔵

 

こんにちはー。

数秘とアロマといえば!ミキティこと折本美紀です。

↑結局そんな肩書き???笑笑

 

ちょっと書き残しておきたいことがあり、取り急ぎ。

 

昨日娘のひとりと話してて、

わたし「なんでそうなったの?」

娘「知らない。てか、事実は変わらないんだから理由なんてどうでもいい。」

って。この人本当にいつも不思議。

 

よく言えばサバサバしてる。脳みそ省エネ。シンプルに生きている。

でも、傷つかないために感情にフタをするクセがついてるのかもなーとも思ったり。

 

小学生のころ、遠足でクラスの女子全員に「お弁当一緒に食べよう」って声をかけて全員に断られて、幸いうちの子は双子なので、双子のかたわれ探して、その子の仲間と食べたらしい。

わたしはそれを聞いてショックすぎて泣いたんだけど。

娘は一言「一緒に食べたくなかっただけでしょ?それだけじゃん。」と。

わたしは、「嫌われてるのか」「仲間はずれにされてるのか」と理由を考えてショックなんだけど、本人はそうなった理由には興味がない。

 

そういえば、靴に画鋲いれられたこともあったけど、そのときもそんな調子だった。

「そうしたかったんでしょ?」と。

 

わたしの真実病は遺伝していない。。。笑笑

 

これに関して昨夜から今に至るまで考えている。

これは彼女の軌道数5(今ここにしかいられない)からのものなのか、人格・ハート・条件づけにある11/2の不足(感情にフタをしてぼーっとする)からのものなのか、

まぁ両方なんでしょうけれども。

 

軌道も条件も1、表現に7を持つわたしは、これに対しての真実も求めてしまう。わたしなら!って主張したくなる。笑笑

だって!原因がわからないのモヤっとしないのーーー!?

 

そう。彼女の場合は原因知った方がモヤるのよね。きっと。あ、そんなことないか。

原因知っても「だから何?」って言いそう。

 

どんな生き方が生きやすいかなんて、人それぞれよね。

わたしにとっての生きやすさは、彼女にとっては生きづらいだろうし、

彼女にとっての生きやすさは、わたしにとっては想像もできない。いや無理!

 

数の質をありのまま生き、ありのまま育むって、本当に大切だなって書きながら改めて納得。いや、本当に育むならば嫌な感情も感じさせなきゃなんだけどもね。

 

親子だからわかりあえるとか、似てるとか、ないね。

わかりあえないところが面白いとはめっちゃ思う。

ある日のディズニー。

選ぶものの趣味もわたしとはまったく違う。面白い。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。