• 【数秘術・アロマテラピー】東京 世田谷 祖師ヶ谷大蔵

 

こんにちはー。

 

今日は数秘で使う数の呼び名って言えばいいかな?名称?〇〇数とかいうやつ。

 

それについて書いてみようかと♡

 

 

わたしがしている数秘では、生年月日を全部足すのは「軌道数」って名前を使っています。

 

ライフパスナンバーとか、誕生数とか、運命数とか、いろんな呼び名があるんですね。

 

それは流派?というより、

 

「わかりやすい」とか

「響きがいい」とか?

 

数秘マスターの方が名付けているんだと思うんですけども。

 

わたしは自分が教わったままの呼び名を使っています。

 

数秘を教わったとき、

 

「今わたしが伝えていることは今のわたしのすべてだけれど、これからあなたがリーディングをしていった中で、この方がしっくりくる!という気づきが起きるかもしれない。

そうなったら自分の経験を信頼したらいい。

自分の理解で更新していきなさい。

わたしだって明日突然違うことを言うかもしれないんだから。

名前(数の呼び名?名称?)だって気に入ったのがあれば変えちゃっていいのよ。」

 

そう言われ、本当にこの方は数秘を探求し続け、考察し続け、今ここにいる人なんだと感じ、私もいつでもそうあろう!と思ったのですね。

 

これは、今でもずっとわたしの中に残る言葉で。

 

「美紀さんから数秘教わりたい」

と言われても、自分なりの考察を育んだ先にしか教えるなんてできないよ!と、自分にGOサイン出すときのひとつの目安になりました。

 

結局、数秘を学んでから5年後の2013年から教えることをはじめたのですが。

 

そのとき、テキストの内容ももちろんなんだけど、呼び名もオリジナルにしようかなーって考えたんですよね。

 

 

例えば「軌道数」っておしゃれでもかっこよくもないし、硬いイメージ?

 

洗練された素敵な名前にしちゃおっかなーなんて思ったんです。

 

でも、それぞれについている名称がなんでそう名付けられたのかって、その意味あいを感じはじめちゃって。(ヲタクはこういうちょっとしたことも深く入りたくなるんですね。笑)

 

そうしたら納得することが多くて。

 

よりフィットしたものが湧き上がるまではこのままの名前を使わせてもらおう!としたわけです。

 

なので、わたしが教えた生徒さんたちはみんなそのままの名称を使ってるんですね。

 

なんだけれども、最近になって「成熟数」のことを「成就数」っておぼえちゃった生徒さんがあらわれて!

 

何回修正かけても一度インプットしたことは変えられないのですよねー。

 

成熟・・・十分に発達、成長すること

成就・・・成功、達成、願いが叶うこと

 

数の持つ意味としては「成熟」なんだけど、「成就」の数だったらめちゃ嬉しいですよね♡

 

ってことで。

 

修正は一応しますが、言霊ってのもありますから、最近はわたしも「成就パワー」にあやかってみたりしています。

 

わたしの成熟数は「8」大きなパワーで全体を成功に導く数。

これを成就に向かわせたいと思います♡

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。