• 【数秘術・アロマテラピー】東京 世田谷 祖師ヶ谷大蔵

 

こんにちは。

サロンドアンジュ キャトルキャトル 折本美紀です。

 

今日のやることリスト、かなり満載なんですけれど。

数の神さまが、脳内にいきなりたくさんの情報を降ろしてくるので、書き倒したいと思います。

後に編集するかもだけど。とにかく急いで書かないと忘れちゃうから。

 

9って数は本来エゴからもっとも遠い数。

わたしの講座では「存在とワークする」って言葉を使ったりしていますけれど、聖なる存在たちとともに働くような。個人のエゴはそこにはないのね。

だけれども、どの数も過剰になったり不足になったりと揺れ動くわけです。

 

己の意思がないから。

過剰になると人のことを自分のことのように感じてしまうので、常に同情していて境界線が引けなくなる。

不足になると、関心さえない。他人も自分もどうでもよくなる。

 

「6とどう違うの?」って生徒さんからよく聞かれるんだけれど。

6はピンクの愛。与える愛。優しい感じするでしょ?色があるぶんそこに意思も感じるかな。

でも9は透明。人も環境も、そのままを感じとって寄り添う。過剰になろうと不足になろうと「自分」がわかりづらい。

 

そんな9が人格数にあると、人との関わりでその質が作用するから、過剰と不足には「自分」が見え隠れしている。

純粋な質ならば境界線が引けているから「寄り添い共感してくれる人」なんだけれど、

過剰になると「こんなに寄り添ってるんだからもっと頼りにしてよ」と境界線どころか一体になろうとする。

そして、不足になると分厚い境界線が引かれてしまい「関心ない、関係ないからごめんね」と冷たくなる。

 

9のからっぽさ、人間っぽくない聖人のような愛と、人間だからこそ持っている感情、エゴとのマッチングとそのバランス。

 

洗濯干してたらいきなり脳内に流れてきて慌てました。

急いでご飯食べなきゃ!笑笑

あ。画像ないしーととりあえずこの画像使って思い出した。

カード作ってと言われて、だいーーーぶたっている気がするけれど、

こんな感じで脳内に降りてきたらやります。

そんな人でスミマセン。。。

 

講座も集まるメンバーで全然違う会になってるし。(内容はちゃんと全部やるよ!)

講座の感想いただいたの>>

まだ読んでない方は読んでいただけたら嬉しいです♡

 

この会の時は受講生全員が軌道数1で、それぞれの「自己」があっておもしろかったなぁ。

時に前のめり!笑笑

 

とりあえず、ランチのカツ丼食べやーっす!

またまたまたまたー。

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。