• 【数秘術・アロマテラピー】東京 世田谷 祖師ヶ谷大蔵

 

こんにちは。サロンドアンジュ キャトルキャトル 折本美紀です。

今日もまた近況を少し。

 

2020年、ちょうどコロナの流行とともに、改めてアロマを学び探求することをはじめました。

これは休業だからとかではなく、わたしにアロマを教えてくださった方の死がすごく影響したんですよね。

深い智慧を持つ方から「いつか」と言わず学ばなくては!と。

それと同時に、自分がいつ死んでもいいように、わたしが得たことをどうやったら遺せるのかなってことも考え行動するようになりました。

 

先日、こちら>> がひと段落し、今はセラピーとしての数秘のテキストを作っているところ。

こういった作業と並行して、

少し前にマルセイユタロットを学び、今はカバラー的アストロロジーを学んでいます。

どれも共通しているのは、占いではなく自分を知り、自分を生かすように、魂を磨くように用いること。

そこにある智慧に触れるたび、興奮してもだえています。こんな幸せなことない!って心底思って胸を熱く過ごす日々。

こんな素晴らしい学びを受け取り育む中でアウトプットしていくって、きっと入る意識のスイッチが違うかなーって思っていて。

特に数秘に関してはそうかなーって思ってたんだけど、

やはり、これまた違う興奮が腹の底から湧き上がるのね。

 

アロマ、タロット、アストロロジーなどなどはハートが開いてウェルカムしているわけ。智慧が育まれるたびにトキメキが止まらないの。

アロマの智慧をアウトプットするのも同じだった。出せば出すほど満ちていく感覚。

 

でも、数秘は「わたしの一部」って感じ?

お腹の底の方から湧き上がってきて、それを手のひらに乗せて目でも確認する。みたいな感覚。

あらためて今本も読んでるんだけど、そこから与えられる智慧が体全体に染み入っていく快感ったらない。

あぁ。ソウルメイトと出逢うってきっとこんな感じ?とか思うのね。

自分と智慧が統合して響きあっているわけ。

 

この感覚をどこかに記しておきたい!と、この投稿しはじめたんだけど、書きながら本当に変態だなって。キモいなって思った。。。

本当やだー。

でも書いたから上げておく。

 

とにかく!愛しすぎて幸せとだけお伝えしておきますね。

一生学び探求しつづけます。愛を育むように♡

 

ではまたー!

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。