• 【数秘術・アロマテラピー】東京 世田谷 祖師ヶ谷大蔵

 

こんにちはー。数秘マニア 折本美紀です。

今日はちょっとわたしなりに「今」について数秘的に書いてみようかなーと。

 

わたしの数秘リーディングは「個人周期」っていう、その人個人の年度ごとの周期は見ていくんですけれども、

月や日までも数の影響を見ていったり、地球規模としてのその年の周期を見たりってことは取り立てしていないのですね。

 

まず、月や日までってことから話していきますと、そういった数はもちろん出せるし、そのようなところまで踏み込むと「毎日の運勢」みたいに占いっぽくて楽しそうだけれども、

わたしの性格上(ほんとすみません)いちいち「数と現象とのチューニング」をしたがるので、毎日とか毎月とかは、より複雑にしてしまいかねないので、なにか気になったときしか必要ないかなーと。

なので教えたり伝えたりもしていません。個人周期で十分と思っていて、「あれ?」って思ったら出してみる。そんなスタンス。

 

そう。だから地球規模での年度のエネルギーも普段そんなに意識はしていないけれども。

世界がコロナで揺らいでいる今、2020年って?って頭をよぎるのですよね。ってことでやってみましょっか!

 

2020年は4のエネルギー。

震災があった2011年と同じ。9年周期が一周して同じ数になっているとは。

 

4ってこんな数です。(↓人向けに作ったから環境的なキーワードじゃないけど)

「ありのままに向かわせる。自然でいること。」

そこに向かうためにコロナを通してみな揺れ動いているのですね。

社会のルール的なこと(国の対策とかね)が日々日々ニュースになり、それに対して正しいとか間違ってるとか、愚かな行為が取り沙汰されたり。

 

4ってただただシンプルなんです。

シンプルさへ向わせたい。4は変わるってことを求めているのではなく、「本来の姿へかえる」ただそれだけのこと。

くつろぎの数なんだけれども、起こっている現象は揺さぶりをかけていくので、ことの始まりは不安定になるのです。

 

2011年も日本人にとってはそうだったかな。

「生きる」というもっとも本能的なところにフォーカスをあてた年。

その3月は「7」内観させられる。内観、したと思います。2011.3のころ。

 

今、2020.3も「7」内観に導かれているでしょうか。できるだけ外出せずに、休校やらテレワークやら引きこもらずはいられない。外とのつながりを嫌でも断たれてしまった今月。

 

そんな感じで年と月のエネルギーを読むならば、4月最善の策で世界全体があるべき姿を見出して(8)、5月完結へと向かい(9)、6月安心安定の新たなはじまりを迎える(1)。

とかなのかな。

 

地球さんも、わたしたち人間も、動物も植物も鉱物も、ありのままにくつろぐことへと移行する2020年。

普段は読まない年度とか月とかチューニングしてみましたら、なんだかへーっとなりました。

 

なので今月は引きこもり万歳です!7のエネルギーいただいてますから。

でも、ただ引きこもるのではなく、智慧と出会い、体験から得ること、学ぶことへも向かわせます。

引きこもって学べること、ぜひやりましょー。

本を読むでも、資料を作るでも、なんなら数秘を学ぶでも!この機会にどうぞー。

ぜひ数のエネルギーに乗っかて過ごしてね♡

 

「わたしの今はどんなー?」って方は、

ヌメロロジーリーディング(数秘リーディング)

 

「引きこもりで講座っていいかも♡」という方は、

ヌメロロジーリーダーコース(数秘リーダー講座)

 

お気軽にお問い合わせくださいませー!zoom可能でっす。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。